国際結婚とは?まずは手続きの概要を知ってくださいね。

お問い合わせボタン

営業時間 月~土 9:00~20:00 定休日 日祝
※営業時間外は要相談

国際結婚とは?まずは手続きの概要を知ってくださいね。

Pocket

国際結婚ってゴール?スタート?

国際結婚について、どんなイメージを持たれていますか?

国籍・国境を超えた恋愛の末にたどりつ着くゴールの一つ。

愛とういう視点でみれば確かにゴールです。

 

でも、二人で生活していく、という見方をすれば、まだまだスタートラインに立ったばかり。

言葉はもちろんのこと、文化や風習の違いがあってとても大変。

その上、親や親戚、友人などの人間関係etc…

でも愛があればきっと乗り越えることができる。

こんなイメージを持たれているのではないのでしょうか。

 

手続き上の国際結婚

と、前置きが長くなりましたが、そもそも国際結婚って一体何でしょうか。

事務手続きにフォーカスしてみましょう。

 

「普通の結婚のように市区町村役場で手続きするだけではないの?」

と思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、国際結婚とは違う国同士のカップルの結婚なのでかなり違います。

日本人同士の結婚だと婚姻届を役場に提出するだけですが、これだけでは済みません。

 

しかもその手続きはとても煩雑で、時間もかかりますし、お金もかかります。

日本から結婚手続きをするか、お相手の外国人の国から手続きするかによっても変わります。

 

例をいくつか挙げておきますね。

 

日本人同士の結婚

市区町村役場に婚姻届を提出するだけ(夫婦のどちらかが手続きにいけばOK)。

婚姻届を提出すれば即受理される。

 

日本人と外国人との結婚:簡単な例(日本から手続き開始)

2人で在日大使館に行って外国人の婚姻要件具備証明書を入手

→日本語に翻訳

→婚姻届とともに提出(日本側結婚手続き完了

→国籍によっては即受理されず受理伺い状態となって受理までに時間がかかる

→婚姻受理証明書を在日大使館に提出

→結婚手続き完了(外国側手続き完了

 

日本人と外国人との結婚:面倒な例(外国から手続き開始 外国人側に離婚歴あり)

法務局で日本人の婚姻要件具備証明書を入手

→外務省で認証

→在日大使館で認証

→外国語に翻訳

2人で外国人側母国の役場に行く

→婚姻手続き時に提出(外国側手続き完了

→結婚証明書、離婚証明書、出生証明書を入手

→日本の役場に婚姻届とともに提出(日本側結婚手続き完了

 

※専門用語の羅列すいません。。。とりあえずイメージをつかんでくださいね

※他にも必要な書類がたくさんありますが省略しています

※お二人の状況で、手続きや必要な書類も変わってきます

 

日本だけで結婚してもダメよ!

先ほどの例の中に、「日本側結婚手続き」「外国側結婚手続き」という表現がありましたよね?

どういうことかと言うと、国際結婚の場合は原則お互いの国で結婚手続きをしなければならないんです

 

外国で結婚手続きをした場合、3か月以内に日本にも手続きしないとダメです。

罰金規定(過料)もありますのでご注意を。

 

例えば、中国人と日本人とが結婚する場合を見てみましょう。

このケースでは、中国で婚姻手続きをし、日本でも婚姻手続きをする必要があります。

中国側での手続きは、原則、本人(夫・妻ともに)が現地で申請しなればならず、手続きに要する滞在期間が数日~十数日というケースも。

渡航費・宿泊費もばかになりません。

 

また、基本的に結婚は独身じゃないとできませんよね?

ですので、お互いが独身だということを証明する必要があります。

 

日本人であれば、戸籍を見れば独身かどうか確認できます。

でも、外国人についてはどうでしょうか。

ちょっと日本からだと確認がむずかしそうですよね。

そのため、何らかの形で自分たちが独身を証明する必要があります。

 

また、結婚ができる年齢であることや、結婚できる期間(待婚期間。日本法であれば、女性の場合だと離婚後100日、または、妊娠していなかれば規定なし)など、法律的に結婚できる条件(専門用語で婚姻要件と言います)が整っていることが必要です。

 

これらを証明するための書類が、婚姻要件具備証明書と言います。国によっては独身証明書や、○○宣誓書と呼び名は変わります。それぞれの国の公的機関から発行してもらいます。日本だと市役所、法務局、在外大使館/領事館ですね。

 

ただし、その書類を発行した国の法律の中で結婚できる条件を満たしている証明です。

国際結婚は基本的に、お互いの国の条件を満たさないとできません。

例えば、ある国では15歳から結婚できたとしても、日本では結婚できない、などです。

 

国際結婚とビザは切り離せない関係です!

話は変わりますが、日本に外国人の方が住む場合は、必ずビザ(在留資格)が必要です。

留学生や仕事をしている外国人の方は何らかの在留資格を取得しています(持っていなければ、いわゆる不法滞在。短期旅行者はノービザ対象国であれば不要)。

 

そして、日本人と結婚した外国人の方は、配偶者ビザ(結婚ビザ)を取ることが可能になります(他の種類のビザよりメリットが多いビザです)。

この配偶者ビザを取るためには、日本と相手国の両国から結婚している証明書が必要となります。

つまり、日本でも、相手国でも結婚手続きが完了していないと配偶者ビザは取れないんですね。

 

と言うことで、

「お金がかかるから、面倒だから、日本だけで結婚手続きをする」

はヤメてくださいね。

 

また、結婚手続きといっても国によってバラバラです。

 

  • 配偶者の国に行っていろいろと手続きをしないといけない
  • 日本にある配偶者の国の在日大使館/領事館でちょっと手続きするだけ
  • そもそも手続き不要

 

というように国によって違うんです。

特に1つ目の手続きについては時間もかかりますので、ビザの更新期限などに注意が必要です。

 

もう少し詳しく見たい方はこちらの記事もどうぞ!

お気軽にお問い合わせください