国際結婚の手続きを外国からスタートする場合のハウツー

お問い合わせボタン

営業時間 月~土 9:00~20:00 定休日 日祝
※営業時間外は要相談

国際結婚の手続きを外国からスタートする場合のハウツー

Pocket

国際結婚をする場合、どちらの国から結婚手続きをするかを選ぶことができます。

そして、外国人の国籍によっては、お互い日本に住んでいたとしても、先に外国人の母国で手続きをした方が簡単なこともあります。

 

外国人が日本に住んでいる場合

  • 中・長期のビザ(在留資格)が無いと、日本で結婚するための必要書類が集められない

 

外国人が海外に住んでいる場合

  • 2人揃っていないと日本で結婚するための必要書類が集められない
  • 中・長期のビザ(在留資格)が取れず、日本で結婚するための必要書類が集められない
  • 査証免除国でないため、日本に来るためのビザを取る手続きが面倒
  • 結婚するために来日して結婚できても、日本に中・長期滞在できるビザが取れずに帰国を余儀なくされる

 

そして、日本人のパスポートは最強説がある通り、日本人が外国人側の母国に行くのは比較的簡単です。

日本で集めなければいけない書類も、法整備が進んでいる日本では簡単に集めることができます。

 

ということで、お二人の状況をよく考えることが必要となります。

ここでは外国からの一般的な手続きをご紹介します。

 

基本的な必要書類

あくまで日本人側で必要な最低限の書類です。

この他にも、外国人側で必要な書類はあります。

 

  • 日本人の婚姻要件具備証明書(相手国語への翻訳必要)
  • 日本人の戸籍謄本(相手国語への翻訳必要)
  • 日本人のパスポート

 

国によっては、日本人の在職証明書や健康診断書などの提出が必要になる場合があります。

 

日本人の婚姻要件具備証明書

この書類は、日本国法において、その日本人が結婚できる条件を満たしていることを証明する書類です。

婚姻要件具備証明書とは、独身であること、再婚禁止期間を過ぎていること、適齢であることを証明します。

この書類は市区町村役場、法務局、外国にある日本大使館(領事館)で発行可能です。

しかし、一般的には結婚する国の日本大使館(領事館)で発行されるものが要求されます。

 

また、各機関の認証や外務省の認証(アポスティーユ)などが必要なケースもあります。

 

国によって様々ですので、相手国側の結婚手続きをする役所に確認が必須です。

 

結婚式

日本では、結婚式をせずとも婚姻届が受理されれば結婚となりますよね。

でも、国によっては必ず結婚式をしないと結婚できません。

オーストラリアやイギリス、ベトナムなどがそうです。

みなさんが想像されるような結婚式はもちろんですが、政府機関が用意する事務的な結婚式を挙げることでもOKです。

また、日本で先に結婚手続きをしている場合は結婚式が不要となる国もあります。

 

日本に結婚報告をする

外国で結婚手続きをした場合、日本はお二人の結婚を知ることはできません

だって国が違うもの。

ということで、結婚したことを日本に伝えるための手続きを行う必要があります。

手続きに必要な書類は以下の通りです。

 

  • 結婚証明書(外国で発行してもらいます。日本語訳が必要です)
  • 婚姻届(駐日大使館にもあります)
  • 戸籍謄本

 

見てもらうと分かる通り、普通に日本で結婚する時と違う書類は「結婚証明書」だけとなります。

また、婚姻届には結婚相手の署名と証人の記載は不要です。

 

これらの書類を結婚した現地の国の日本大使館(領事館)または日本の市区町村役場に提出すれば完了です。

この手続きは結婚後3か月以内に行いましょう。

手続きが遅れても結婚は成立しますが、最大3万円の過料を取られる可能性があります。

 

また、大使館(領事館)に届けた場合、戸籍への結婚情報の反映が遅くなります。

そのため、結婚してからしかできない手続きが遅れる可能性があります。

特に、お二人で日本に住む場合は、外国人の方は配偶者ビザを取る必要がありますので、戸籍への結婚情報の反映は早い方がビザの手続きに早く着手できます。

この場合は日本の市区町村役場で結婚報告をしましょう

お気軽にお問い合わせください